メニュー

コラム

コラム

心に残っているレッスン

カテゴリ: 梅原美穂 執筆

ダンスを担当している梅原です。

私の心に残っているレッスンのお話をしたいと思います。

 

私の人生で、どのくらいの数のレッスンを受けてきたでしょうか。

3歳からバレエを始め、ジャズダンスに目覚め、いろんな音楽に触れ、どんな音楽も楽しいと思えて、ノンジャンルでレッスンに励んだ日々。バレエにジャズにヒップホップ、タップにシアター。

今まで、本当に何千というレッスンを受けているはずです。

その中で、私の中に残っているクラスがあります。

感じる心 健康な体 創造的な脳

カテゴリ: 上原久栄 執筆

これを読んでくださっている、お父様やお母様は、子どもたちが大人になる時には、どんな時代になっていると想像されますか?
AIが、殆どの事をやってくれる時代でしょうか?そうかも知れませんね。そんな時代に必要とされるものは何でしょうね?”人”でなければ出来ないことが求められるかも知れませんね。”人”が本来持っているものかも知れませんね。

皆さんが子どもの頃、スマートフォンが、こんなに普及して、今の様な使われ方をするなんて、想像出来ましたか?

そんなことを考えると、子どもたちが大人になった時のことなど、想像出来ませんね。

一つ、言えることがあると思うのです。どんな時代になっても、どんな状況におかれても、生き抜いていける力を、子どもたちに身に付けさせたい。皆さんは、そう思いませんか?

私が教えた子どもたち

カテゴリ: 上原久栄 執筆

音楽担当の上原です。

私は、みなさんがびっくりするくらい長い間、子どもたちと過ごしています。今の生徒さんのお母さんが生まれる前から(笑)

その日々は、楽しく豊かなものでした。

「教える」ことも沢山あったけれど、一緒に「楽しむ」ことや、子どもたちから「教えられる」ことも沢山ありました。

発表会やコンサートや、劇団の公演は、いつも手作りで、色んな事をやりました。色んな物も作りました。

先生は魔女?

カテゴリ: 上原久栄 執筆

音楽を指導している上原です。

いつから言われ始めたのか、良く覚えていないのですが、先生は魔女と言われます。

相当昔からになりますが、私が手がけたものに対して、「上原マジック」と言われることもあります。私が関わる子どもたちが、魔法にかかった様に変わっていき、私は、いつも黒い服を着ていたので、魔女になったのでしょう。

Copyright © Factory of Dreams All Rights Reserved. login