メニュー

コラム

コラム

表現ワークショップであなたの学校、園、職場などに伺います

カテゴリ: 全体・その他

midorino

 

一昨日は、みらい平の次の駅「みどりの」駅近くの、みどりの学園義務教育学校に行って来ました。

8年生(中学2年生に該当)を対象にして、「コミュニケーション」をテーマに、お芝居、ピアノの即興演奏、ダンスをやりました。

お芝居では、「どこにフォーカスするか(自分の焦点を当てるか)」というテーマで、

1自分、2相手 3全体

を意識することを実際にお芝居をしながら体感しました。

 

ピアノは、生徒さんからお題をもらっての即興を中心に、こちらも、弾く人と聴く人のコミュニケーションを体感。

 

そして、ダンスは、音があって踊るものなので、音楽、それをれを聴く自分、表現する自分を意識して、踊りました。

 

以下の写真は、10月に、みどり流星こども園に伺った時のものです。

 

kodomoenn

 

こちらは、12月の劇の発表に向けての、表現ワークショップです。

「宇宙に飛び出せ」という園の歌に振付をして歌った後、ロケットに乗って宇宙に出発しました。

 

表現芸術はコミュニケーションなのです。

私たちFactory of Dreamsのスタッフは、長らく劇団クリエでミュージカル作品の制作を手掛けて来ました。

そして、ヒューマンベイシスクラスのレッスンを積み重ねて来た私たちでもあります。

ですから、対象が大人でも幼児でも対応出来、色んな形のワークショップも出来るのです。

現在、大学での表現ワークショップも計画中です。

 

年齢、コミュニティを問わず、幅広く、コミュニケーションスキルを上げるためのワークショップをいたします。

ご興味がある方は、是非、お問い合わせください。

つくばみらい市 リトミック(ヒューマンベイシス)クラスの創作 大きな木

ochiba3

 

これは、ヒューマンベイシス(リトミック)クラスのお友だちの作品です。

大きい模造紙2枚分の大作です。

 

下の写真は、一心にハサミでチョキチョキしている2歳児クラスのお友だち。

 

ochiba2

 

yomoya

 

更にその下は、3歳児クラスのお友だち。

 

ochiba

 

皆で大きな木になって、沢山の葉っぱをピアノに合わせて、ヒラヒラとした表現の後で、

「みんなも葉っぱを切ろうか」と、好きな色、大きさ、形の葉っぱを、年齢に合わせたやり方で切りました。

次のレッスンでは、大きな木の好きな場所に、それぞれが切った葉っぱを貼りました。

1歳児のクラスが葉っぱを貼った時は、こんな感じでした。

 

ochiba4

 

全クラス合わせると・・・・・

冒頭の大きな木になったのです。

そして、アートクラスのお友だちの落ち葉のリースとコラボ。

玄関に貼られた大きな作品は、圧巻です。

一人一人が小さな手で切っている時には想像できなかった作品になりました。

こんなダイナミックな経験が出来るのも、とてもすてきですね。

 

1歳~3歳のクラスでは、体や手を使うことで脳を多いに刺激するレッスンをしています。

その中で、心も沢山動かしていきます。

 

ヒューマンベイシスのレッスンを経験して、1年生になっているお友だちのお母さまが、こんなことをおっしゃっていました。

「表現力がありますね。何をやって来たのですか?って、色んな所で聞かれるんですよ。ヒューマンベイシスのレッスンはすごく良い経験だったと、今になって、思います。」

と。

 

その時には、形として見えないけれど、確実に子どもたちを育てていくレッスン。

それが、私たちが提唱している、この、ヒューマンベイシスなのです。

 

リトミックの論文が書かれたダルクローズの時代には、まだまだ、4歳くらいまでの脳の発達については研究が進んでいませんでした。ですので、脳科学的な見地に立ったレッスンは、やっぱり、ヒューマンベイシスと呼びたいのです。

何かを掴めた時の感動

カテゴリ: ダンス

何かを掴めた時の感動〜ダンスクラス講師 梅原美穂〜

 

2年前からスタジオに通い始めた高校1年生のHちゃん。

コンテンポラリーダンスやジャズダンスをベースに、将来は踊りを職業に、と考えている子です。

「それならば、バレエは必須」と伝えたところ、ダンス中級クラスからバレエの個人レッスンに切り替えました。

この夏には1ヶ月半の単身LAダンス留学を果たし、たくさんの経験を積んできました。

「でも、やっぱりまだまだ基礎ができていないことも痛感しました」とも。

つくばみらい市のピアノ教室  グルーブとかノリとかフレーズ感とか

カテゴリ: 音楽・ピアノ

Studio Factory of Dreamsの生徒さんたちは、「音楽する」のが当たり前になっています。

それは、きっと生で身近に先生の演奏を見て聴いているからだと思うのです。

 

教室にはグランドピアノが2台あって、いつも先生は生徒の隣で「普通に」弾いているのです。

生徒さんたちは、それを「普通に」見て聴いているのです。

先生の体と手の動きやその使い方と、聴こえてくる音が一つになって、更に、程よい広さの空間に響く感触も「普通に」経験しているのです。

彼らは、見たり聴いたり感じたりしているものが基準値になっているのですね。

 

こんなエピソードがあります。

ある生徒さんが体験レッスンに来たときのことです。

まだまだ初歩でしたので、一緒に弾いてあげようと隣のピアノでアルペッジョをバラバラっと弾くと、お母さんが息を呑む様にビックリした表情になりました。

イントロを付けて、「さんはい」と一緒に弾いて、弾き終えると、しばし、お母さんは固まっていました。

 

レッスンが終わると、

「先生が子供と一緒に弾いてくれたので、ビックリしました。」

と。

 

私は、

だって、「どれど~」と弾いても、どんな「どれど~」かわからないでしょ。

だから、曲の感じを子どもがつかむために、初歩の生徒さんとは一緒に弾いているんです。

まず、どんな曲なのか、沢山音を加えて、可能な限りの演奏をして聴かせるんですよ。

そして、一緒に弾くんです。

そんな話をしました。

 

同じ曲でも、伴奏が変わると、曲の表情が変わることも、言葉では無くて、音から感じ取っていくのです。

どんなシンプルな曲でも、体の中がグルーブしていたり、ノリを感じていたり、フレーズを理解していると、音楽が楽しくなるのです。

いえ、これが、音楽なのです。

ただ楽譜を見て弾くのが音楽ではないのです。

 

それをどう教えるか。

いえ、これは、教えるものでもなく、心と体が感じ取っていくものなのです。

そして、上達してから教えるのではなく、「どれど~」しか弾けない時だからこそ「普通に」そのような環境に身を置くことが大切なのだと、声を大にして言いたい。

 

楽しくレッスンするとは、子供にやさしく接することではなくて、豊かな音楽経験を与えることなのです。

つくばみらい市のリトミック(ヒューマンベイシス)教室 2か月のお友だちのレッスン

私たちが舞台を作っている劇団クリエつくばの創設以来の参加者(当時は中学生)である、大西衿沙さんが嫁ぎ先の大分から帰省していました。

せっかくだからと、生後2か月のN君を連れてレッスンに来てくれました。

 

0歳児のクラスは、4カ月以降から参加するお友だちが殆どなので、2か月のレッスンは、初めてです。

音楽を聴いたり、音楽の中でカラフルなスカーフの動きを眺めたり、マッサージをしたり、とても気持ち良さそうに過ごしてくれました。

写真を見ると、話しかけてくれる美穂先生の方をじっと見ています。

 

nagomi1

 

まだ、はっきりと見えないかもしれませんが、優しい声がする方を見ることで、視覚の発達も促されることでしょう。

聞こえる声とその人の形と触られる感触と、きっとその人の匂いも含めて、それらは良い刺激となって心身の発達を促し、様々な物への興味にもつながっていくことでしょう。

 

モーツアルトの音楽は、胎教に良いことは、良く言われますね。1/fの揺らぎが良いそうですね。

牛の搾乳時や鰹節の熟成時にもモーツアルトの音楽を聴かせる話を聞いたことがあります。植物の成長も促すそうです。

N君にも、モーツアルトをピアノで弾いて聴かせました。とても気持ち良さそうでした。

 

ついでにと、ギロックの「秋のスケッチ」も弾きました。

すると、N君は、メソメソしてしまったのです。

センチメンタルな感じの曲に、モーツアルトとは違った反応をすることに、とても驚きました。

 

ゆったりとしたN君との穏やかな時間に、私たちにも沢山の癒しを頂きました。

 

nagomi p

 

私は、母が子守唄を歌うとメソメソして寝なかったそうです。

そして、ジャズを聴かせると、安心した様に眠ったそうです。

今でも、題名は知らないけれど、ビッグバンドジャズの曲を沢山知っています。

そんなこととも重なりました。

 

孫のRは、生まれて間もない頃、Take6のCDを流すと、うっとりと聴いていました。

それは、彼女がお腹の中にいた時に、母である私の娘がライブで涙を流した曲です。

お腹の中でRはどんな思いで聴いていたのでしょうね。

 

赤ちゃんはママのお腹の中にいるときも、生まれてからも、周囲の環境に左右されて育つのですね。

どの子どもたちの耳にも、爆音ではなく、心地よい音楽が届くことを願わずにはいられません。

発表会が終わりました

カテゴリ: 全体・その他

Studio Factory of Dreamsの今年度の、それぞれのクラスの発表会が終わりました。

 

7月17日のピアノクラスでは、打楽器奏者の大内典子氏を迎えて、2台ピアノでの演奏でした。

 

 7.17america

 

どうしても孤独になりがちなピアノレッスンですが、個人レッスンの生徒さんもお友だちと、そして打楽器と一緒に合わせる経験をしました。

「音楽は、誰かと歓びを分かち合うもの」という、Factory of Dreamsの理念の元、アンサンブルで世界旅行を楽しみました。

 

8月5日はダンスクラスの発表会。

 

 dance 8.5

 

今回のテーマは、「challenge」でした。

生徒さん一人一人が、自分の課題にチャレンジしました。

舞台稽古で、お姉さんたちのカッコいい踊りを見て、ワンステップ上の自分にチャレンジし、更に何周りも大きく成長しました。

  

ダンスと同じ日に、ロビーではアートクラスのロビー展がありました。

「心の中にあるものを表現しよう」というテーマです。

それぞれが、思い思いに、様々な画材で表現していました。

 

 art8.5

 

ずっと、「好きなもの」「心の中に思い描いたもの」を制作してきたアートクラスの生徒さんたちですが、この展示会の後、年長の5年生のT君から、

「一人で好きなものを作るのもいいけど、みんなで何か作ってみたいな」と提案があり、ミュージカルクラスの舞台セット作りに取り組みました。作品のバースデーケーキに触発されて、幼児クラスのC君も、「お母さんのお誕生日のケーキが作りたい」と、挑戦しています。

発表会を機に、表現の幅がぐんと広がったアートクラスの生徒さんたちです。

 

そして、最後の発表は、ミュージカルクラスでした。

生徒さんが書いた原案を元に台本を書き、曲を作ったオリジナルのミュージカルです。

その名も「伝説の森のものがたり」。

 

 musicalaaa

 

アートクラスの生徒さんが作った舞台セットもとてもすてきでした。

生徒全員が、それぞれの役になりきって、心を一つにして、発表することが出来ました。

初めて通した時は、「不安」と言っていた生徒さんも、堂々と表現出来ていました。

Factory of Dreamsでのレッスンは、クオリティの高いものを、開放感のある雰囲気の中で提供しています。

発表会をご覧頂くと、どのクラスも、当スタジオならではのレッスンの成果を感じ取って頂けることでしょう。

スタジオも、生徒さんたちも、着実に成長を続けていることを実感した発表会でした。

ミュージカルクラスのステージのために制作

カテゴリ: アート

Studio Factory of Dreamsのアートクラスは、「心の中にあるものを形にする」と謳っています。

それは、アートクラスの生徒たちの希望でもありました。

従って、毎回のレッスンは、それぞれが、自分自身が表現したいものと向き合う時間でした。

 

ところが、前回のレッスンで、5年生のT君から、

「みんなで作るのもいいんじゃない。」と提案がありました。

 

「それならば、ミュージカルクラスの発表で使う道具を作ろう」と、順先生から提案があり、早速作ったのが、こちら。

 

forest

 

小悪魔の森の背景です。

 

そして、今週は、何と、伝説の森の王女様の誕生会のための「ケーキ」を制作。

 

cake

 

なかなかの力作ですね。

そして、みんなで作る楽しさも大いに味わえたのではないでしょうか。

 

ミュージカルクラスの生徒たちは、この豪華なケーキを見てどんな反応をするか、凄く楽しみです。

 

子どもたちと関わっていたり、舞台作品を作っていると、ちょっとしたことがきっかけで、物事が大きく動いていくことがあります。

実は、スタジオが一体となって作品を作り出す、他には無いオリジナルな何かを生み出す、こんなことをやっていけたらなあというのが、スタジオ設立当初からの夢でもありました。

 

T君の一言、そして、ミュージカルクラスの発表会が近かったことが、アートクラスとミュージカルクラスのコラボのきっかけになりました。

そして、これからどんな流れが出来ていくのでしょうね。

 

Studio Factory of Dreamsで過ごす時間が、かけがえのない楽しく充実したものであると同時に、子どもたちの夢を育む時間であることを、私たちは願っています。

 

ミュージカルクラスの発表会も楽しみです。

皆様も、ミュージカルクラスの生徒さんの生き生きとした発表と共に、アートクラスの舞台美術も是非ご覧ください。

観劇のお申し込みは、トップページから出来ます。

ミュージカルクラスの発表会があります

カテゴリ: ミュージカル

みらい平のStudio Factory of Dreamsでは、7月から、ピアノクラス、ダンスクラス、アートクラスの発表会を開催してきました。

いよいよ今週末、ミュージカルクラスの発表会があります。

 

日頃は、年齢別のクラスでレッスンしていますが、8月になってからは、合同でのレッスンが始まりました。

レッスンの度に、子どもたち一人一人が、グングン伸びていっています。

 

お話の全容が見えて来て、役になりきることも出来て来て、それぞれの役毎の連帯感や、他のクラスのメンバーとの交流や、上のクラスのお姉さんたちから受ける刺激や、色んなことが相まっての結果だと思いますが、何ともビックリの成長です。

 

前回は、マスクをしてのレッスン、なるべく合同など人数が多くなることも避ける、という状況であったことと、大きな違いがあります。

「日常」というもののありがたさをしみじみと感じています。

やっと、私たちが提供したかったレッスンが出来、生徒たちが伸び伸びと表現出来ることに、感慨と感謝です。

 

多くの皆様に、子どもたちの成長をご覧頂けましたらこんなに嬉しいことはありません。

このホームページのトップページからお申し込みが出来ます。

是非、皆様、発表会にお越しください。

 

tosi3

 

ミュージカルは、頭と体をフル回転させて歌いながら踊ります。

舞台上に出るタイミングや袖から出る場所、自分が立つ位置、舞台上での他の役者たちとの距離感など、色んなことを冷静に覚えて実行しながら、役としての気持ちを大切にしたり、セリフを言って受け答えをしたりするという、正に全身全霊をフル回転する表現芸術です。

ミュージカルをやることで、前頭前野は大いに鍛えられるのです。

集中力と切り替え力が養われ、学力も間違いなく伸びていきます。

それだけではなく、人としての在り様や、作品に込められた作者の思いなども求めなければなりません。

一緒に舞台に立つ仲間たちとも、コミュニケーションが取れなければなりません。

子どもたちの学力、人間力、生きて行く力、これらが大きく伸びていくのも、ミュージカルの作品を作る大きな魅力です。

もちろん、表現すること自体が楽しく、ドーパミンが大量に出て脳を良い状態に持っていきます。

今回の発表会をご覧になるだけでなく、更にやってみたいなあと思った方は、是非、Factory of Dreamsのミュージカルクラスの体験レッスンをご受講ください。

大人の方は、劇団クリエでも、次回公演の参加者を募集しております。

まずは、9月24日の発表会、全力投球いたします。

つくばみらい市みらい平のピアノ教室  使用テキストの「こだわり」

カテゴリ: 音楽・ピアノ

Studio Factory of Dreamsは、みらい平駅のすぐそばです。

 

TXで、みどりのから3分、万博記念公園から6分、研究学園から9分、つくば駅からも12分です。

守谷から5分、柏の葉キャンパスから12分、流山おおたかの森からも15分と、沿線の各駅からとても来やすいです。

「電車だと早い!!」と、最近は、電車で通って来てくださっている生徒さんも増えています。

 

そんな、便利な場所にあるStudio Factory of Dreams、

どのクラスも、色んな「こだわり」を持ってレッスンをしています。

だからこそ、少し遠くても電車に乗ったり、いくつも他の教室を通り過ぎたりしてレッスンに来てくださるのでしょう。

 

今日は、ピアノクラスで使用しているテキストの「こだわり」について、お話したいと思います。

 

Factory of Dreamsのピアノクラスでは、少しピアノが弾ける様になると、メインのテキストとして、トンプソンを使っています。

それには、確固たる理由があります。

 

トンプソン1を眺めてみたいと思います。

このテキストで、子どもたちが、どれほど沢山の音楽的な技術やセンス、そして、楽しさ、興味、更に目を世界に広げていく素地などを身に付けられるかと思うと、ため息が出るくらい偉大な、そしてすてきなテキストだなと思います。

 

理由1

両手の音の配置がちゃんと考えられていて、ピアノの音が美しく響き、音のセンスが磨かれる

 

左手がブロックで「ドミソ~」と、汚い音をガシャーンと弾く曲が無い

最初に出て来るブロックは、「ファラド」で、3拍子の後打ちで「ウントントン」の形で出て来るので、

自然に指先に神経が集中し、きれいなブロックが弾けるように考慮されている

 

 

理由2

初期の段階では5本の指に5つの音という形が殆どで、指使いの癖がつきにくく、手の形も無理無く作ることが出来、小さな手でも弾きやすい

 

 

理由3

多様な拍子感が体験できる

 

3拍子、8分の6拍子、アウフタクトなど、日本人が苦手なものを初期の段階から経験できる

こちらも挿絵のヒントと共に、回る、弾む、揺れる、柔らかなビートとしっかりしたビート、タッカタッカのリズムなど体感しやすい

 

 

理由4

初期の段階から、和声的にも豊かな経験が出来る

 

シンプルであるにも関わらず、借用和音やその代理和音、半音階的な経過音などもあちらこちらに散りばめられていて、

小さな楽曲でありながら上質な音楽が多い

 

 

理由5

曲のイメージが明確である

 

タイトルや挿絵のヒントも含めて、どんな曲なのか、子供がイメージしやすいので、

「こう弾きたい」という思いも持ちやすい

指導者が音を足して弾いて聴かせたり、ワクワクする話を一緒にしたり、共感することで、更に子どもたちはイメージを膨らませられる

 

 

理由6

各ページに、非常に幅広く示唆的な説明があり、テクニックと音楽性が一体になって得られ、

子どもたちが、歴史や外の世界にも興味を持てる

 

 

理由7

各曲が短い

 

殆どの曲が、非常に短くシンプルなので、達成感が比較的短時間で感じられる

曲を捉える力がついているので、発表会などで長い曲に取り組むときも、逆に苦にならない

 

 

理由8

トンプソンの英語版も日本で手に入り、英語のリズムで歌える所も大きな魅力

 

英語で歌うと、言葉のリズムが、そのまま音楽のリズムになっていることが経験出来、本来あるべき音楽の姿が見える

機会があったら、詳述したいが、これは、音楽を理解し表現するためには、とても重要な部分であるにも関わらず、日本ではあまり重要視されていない

 

 

子どもたちが、色んなことを想像出来て、それが音楽と結びついて、その音楽のルーツや、その周囲にある風土や文化などもイメージしやすい所もこのテキストの素晴らしい所です。

しかし、そのためには、指導者の提言や共感もとても大事です。

 

Factory of Dreamsのピアノのレッスンでは、バイエルやピアノドリームなどは使っていません。

子どもたちにとって一生もののレッスンは出来ないからです。

 

長年子どもたちを教えて来て、誰が海外に出ていくか、世界を相手に音楽や表現する仕事をしていくかなんて、

子どもたちが小さい頃にはわからないとしみじみと思います。

そして、これから益々世界は狭くなっていくことでしょう。

私たちの教え子が、広い世界に出たときに、そこで通用するものを、授けておいてあげたいと思うのです。

 

熱く、沢山語ってしまいましたが、

私たちは、「今」だけでなく、「未来」も視野に、そして、「世界」を視野にレッスンしているのです。

 

 

最後に、トンプソン1の1曲目の日本版とオリジナル版を掲載します。

特に英語の歌詞に注目して欲しいです。

フレーズの終わりが韻をふんでいたり、「耳(最初に出て来る)」と目と手をトレーニング(育てていこうね)するって、日本語では書いてないですね。

そして、言葉の強弱がそのまま音楽になっているのです。

日本人が日本語で音楽を学ぶって、こういう大きな壁があるのですね。。。。。

ふう~

 

s3s4

みらい平のアート教室   心の中にあるものを形にする

カテゴリ: アート

毎月第1第3水曜日、この日は、小さなアーティストたちが、心待ちにしている日です。

 

Factory of DreamsのAスタジオ。

東側の壁は一面鏡、そして床は体に優しいTMフロア。

この床は、ダンスやバレエのレッスンのためで、ヒューマンベイシス(リトミック)の小さい子どもたちにも優しい床です。

ダンスをメインに、ヒューマンベイシス(リトミック)、ミュージカルなどのレッスンにも使っています。

そして、アートクラスの日は、広い床一面にブルーシートが敷かれます。

ここで、心置きなく、創作活動が繰り広げられます。

 

まずは、デッサンから始まります。

 

dessan

 

順先生は、色んな形や質感を持つものを描かせたいのですが・・・・・

子供たちは、心の中に、沢山の「表現したい!!」があって、

「早く好きなものを創りたい!!」

のです。

 

デッサンの時間が終わると、自分の好きな素材を使って思いっ切り表現していきます。

 

tsubasa

 

sakuto

 

誰かがやっていることに触発されたり、自分でも色々と工夫してみたりしながら、それぞれが、自分の表現と向き合うひととき。

すでに、ここは、「教室(教える部屋)」では無く、「アトリエ(創作活動の場)」です。

 

tsubasakuto

 

手法を教えることよりも、心の中に感じたことや表現したいことを形にすることが、この生徒たち、いえ、アーティストたちの夢を育むことなのだろうと、順先生は、手助けや提案や指導は最低限にして、優しい眼差しで見守ります。

 

生徒たちは、帰宅すると、毎回、

「あ~~~~楽しかった~~~~!!」

そして

「!!時間が足りない!!」

と言うそうです。

こんな場があるって、こんな創作活動が出来るって、そして表現したいものが心の中にあるって、いいなあ~と、ダンスやピアノの先生方もこの「アトリエ」に遊びに来ます。

Factory of Dreamsは、そんな、自由な雰囲気の表現芸術スタジオです。

Copyright © Factory of Dreams All Rights Reserved. login